ウルフスロット

TOP取材結果報告 > 世界に轟け!轟商事!【キングコング】...

世界に轟け!轟商事!【キングコング】

店名
キングコング
地域
兵庫
台数
スロット 全307台
日程
11月6日

【キングコング】

 

 

11月6日 ウルフスロット 獅子奮迅

会社員。【キングコング】

 

・抽選人数 39 
・ピックアップ機種 合計総差枚数:+23,177枚
ピックアップ機種 平均差枚数:+1,363枚

 

初開催となる今回!

人気のあの漢達が…!?

 

・押忍!サラリーマン番長(5台)

メーカー公開機械割

設定4…104.4%

平均差枚+1,845枚

設定5…108.3%

合計差枚+9,225枚

設定6…114.5%

 

・聖闘士星矢 海皇覚醒(3台)

メーカー公開機械割

設定4…103,9%

平均差枚+2,402枚

設定5…107,5%

合計差枚+7,206枚

設定6…113,1%

 

・アレックス(2台)

メーカー公開機械割

平均差枚+2,087枚

設定5…102.6%

合計差枚+4,174枚

設定6…106.1%

 

・学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド(3台)

メーカー公開機械割

設定4…103.1%

平均差枚+712枚

設定5…106.0%

合計差枚+2,136枚

設定6…109.2%

 

 

・ハナビ(4台)

メーカー公開機械割

平均差枚+109枚

設定5…103.1%

合計差枚+436枚

設定6…106.1%

 

【担当者コメント】

ウルスロ初開催となった今回ですが…

人気のサラ番から平均差枚+2,000枚の優秀な出玉!

 

そしてアレックスからも平均差枚+2,000枚Over

 

さらに人気機種!星矢からも平均差枚+2,500枚Over!

 

サラ番ですが、7絵柄を揃える時そして7揃い後レバーを叩くまでリールがプルプルしていますよね…

理由はフリーズを利用した擬似遊戯によるものです。

基本的にスロットのリール制御はメイン基板でしか管理出来ません。

メイン基板により成立フラグや押した位置を参照しテーブルによって停止位置を制御しています。

ですが、擬似遊戯中はフリーズ状態を利用し

メイン基板ではなくサブ基板でリールの動きを演出として見せています。

もっと砕くと…主に演出担当の基板がリール全てを役物の様に利用し起こしている演出になります。

(メイン基板はフラグの抽選、払い出しの管理やリールの始動制御等)

なので実際に払い出しに関する抽選は出来ません。

なので擬似遊戯中はベルが揃おうが、弁当が揃おうがメダルの払い出しは受けられません。

払い出しを受けられないのにつける理由としては演出です。

リアルボーナスの様にどのリールから押しても揃う様に出来たり目押しが出来なくても7が揃えられる等。

本機に関しては、リーチ目を通常時や絶頂時などに自然な形で出したいからですかね。

(開発者ではないので推測です。笑)

 

前作の番長2はART機の為、RTの状態を変化させる事により、

絶頂中やART中リーチ目を出現させることが可能でした。

(非絶頂時、非本前兆時は押し順ナビで隠している。)

しかし本機はAT機なのでRT状態が変動することが出来ません。

なのでフリーズ状態の擬似遊戯を上手く使いリーチ目を演出しております。

 

ピックアップ機種全てが+差枚となった今回!

今後どのような活躍を見せてくれるか!

店舗さんの動きに大いに注目であります!

TOPページへ戻る

LINE@に登録!

開催協力店舗募集!!

新企画始動!! クリック!