ウルフスロット

TOP取材結果報告 > 大出世?【麗都つくば】ウルフ君来店!...

大出世?【麗都つくば】ウルフ君来店!

店名
麗都つくば
地域
茨城
台数
パチンコ 486台 / スロット 321台
日程
2月17日

【麗都つくば】

 

 

2月17日 ウルフスロット 獅子奮迅×ウルフ君来店!

大出世?【麗都つくば】ウルフ君来店

・並び人数:109
・ピックアップ機種 合計総差枚数:+64,343枚
ピックアップ機種 平均差枚数:+1,237枚

・ファンキージャグラー(8台)

メーカー公開機械割

設定4…102.0%

平均差枚+298枚

設定5…104.3%

合計差枚+2,384枚

設定6…109.0%

・魔法少女まどか☆マギカ2(8台)

メーカー公開機械割

設定4…104.4%

平均差枚+328枚

設定5…107.4%

合計差枚+2,624枚

設定6…111.0%

・ハナハナホウオウ-30(6台)

メーカー公開機械割

設定4…104.0%

平均差枚+547枚

設定5…107.0%

合計差枚+3,282枚

設定6…112.0%

・押忍!サラリーマン番長(5台)

メーカー公開機械割

設定4…104.4%

平均差枚+745枚

設定5…108.3%

合計差枚+3,725枚

設定6…114.5%

・ディスクアップ(8台)

メーカー公開機械割

 

平均差枚+994枚

設定5…103.3%

合計差枚+7,952枚

設定6…107.2%

・魔法少女まどか☆マギカ(5台)

メーカー公開機械割

設定4…106.3%

平均差枚+1,077枚

設定5…111.2%

合計差枚+5,385枚

設定6…116.2%

・アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver-(7台)

メーカー公開機械割

設定4…106.3%

平均差枚+2,448枚

設定5…111.1%

合計差枚+17,136枚

設定6…116.3%

・モンスターハンター月下雷鳴(5台)

メーカー公開機械割

設定4…104.8%

平均差枚+4,371枚

設定5…109.0%

合計差枚+21,855枚

設定6…115.2%

 

【担当者コメント】

前回の獅子奮迅に続き、2回目のウルフスロット開催となった今回!

今回はウルフ君来店!

 

ファンキージャグラーからは合計差枚+2,000枚Over!

人気アニメのタイアップ機!

前回に引き続きピックアップとなりました!

まどマギ2からは合計差枚+2,500枚Over!

そしてパイオニアの告知機種ハナハナホウオウからは平均+500枚Over!

合計差枚では+の3,000枚Over!

人気のサラ番からは平均+500枚Over!

合計差枚では+の3,500枚Over!

技術介入の人気機種!

ディスクアップも前回に引き続きピックアップ!

こちらからは平均差枚+1,000枚弱!

合計差枚では+の8,000枚弱を放出!

そしてこちらもピックアップ!

初代まどマギからは平均差枚+1,000枚Over!

GODシリーズの人気機種!

ハーデスからは平均差枚+2,500枚の優秀な出玉!

合計差枚では+の17,000枚Overの大量出玉に!

さらに月下雷鳴からは何と平均差枚+4,000枚Over大量出玉!

合計差枚では+の21,000枚Overと非常に優秀な出玉を残しました!

 

初のウルフ君来店となりましたが、

ピックアップされた8機種全てが+差枚!

合計総差枚では+の64,000枚Overの優秀な結果となりました!

もちろん上記のピックアップ機種の他にも、

北斗転生しっかりと+差枚!

さらにバーサスからは平均差枚+1,000枚OverギアスR2からは平均差枚+1,500枚Over!

バラエティコーナーからも蒼天2から+1,000枚閃乱カグラから+2,000枚

スーリノからは+3,000枚の出玉が飛び出すなど、多くの優秀台を発見することが出来ました!

次回開催時にはどの様な機種がピックアップされるのか…

大いに期待となっている店舗さんであります!

 

【スロット話・機種コメントなど】

うなぎ上りの人気を誇っているディスクアップ。

パネル違いや増台なども多く見られますよね。

5.9号機の中では間違いなく最高傑作だと思っています。

 

昔のディスクアップについてでも書こうかなと思います。。笑

5号機の初期にもディスクアップはリリースされているんですよね。

オルタナティブだったかな?

うーんあんまり記憶にない…

ビタ押ししてBIGでの獲得枚数が増えるみたいな感じのRT機だったような。

 

初代である4号機のディスクアップもAR機でBIG中も同じく技術介入がありました。

BIG中の技術介入も今と同じくビタ押し。

成功するとARのゲーム数獲得ではなく左リールの3択15枚役をナビしてくれます。

といっても完全ナビではなく、3択から2択になるといった感じです。

ARが設定差なしの最大2,000ゲーム継続であったり、

お馴染みのエイリやんの初登場機種であったりしますが、

人気機種だったかと言うと、

記憶ではそこまで人気な機種ではなかったかなといった感じ。

 

当時は大花火だったり、B-MAXだったりと技術介入機が多く設置されていたので、

技術介入機としてはこれらの機種の人気が圧倒的でしたね。

同じAR機もBIG当選でパンクしてしまうディスクアップより、

翌年にリリースされた、

ARを完走することが可能なハードボイルドの方が完成されている感がありました。

 

なので人気により増台を繰り返している5.9号機のディスクアップ登場によって、

このディスクアップというタイトルは大出世したという印象を受けています。

4号機のディスクアップもよく出来ていた機種ではあったんですけどね。

 

ディスクアップの人気ぶり、増台などを見ると

以前よりワードラやアステカを技術介入機として作ればいいのに…

と考えていた事、そして5号機アステカを思い出します。

 

アステカが再登場すると聞いたのが3年前…

情報が出るたびに「これではない…」といった思いが強くなっていき、

結局のほとんど触れずに終わりました。笑

時代ですかね、個人的には液晶はいらなかったですね。

プロジェクションマッピングの評判もあまり良くないような…。

※個人調べです

 

それこそ5.5号機前に

ディスクアップの様な技術介入でARTゲーム数を獲得するような機種として作れば良かったのに…

もしくはひぐらし祭の様な感じでもいいですね。

アステカならビタ押し頻度はもっと増えて欲しいですが。

と未だに思います。

出来ないのかな…詳しい方に教えて頂きたいです。

 

なんだか毎度の様に脱線し、

ディスクアップ半分、アステカ半分みたいになってしまいました。

今回はこれで締めたいと思います。笑

 

【過去の取材ページ】

2/9 お気に入り【麗都つくば】

TOPページへ戻る

LINE@に登録!

開催協力店舗募集!!

新企画始動!! クリック!